~-カナダドル(CAD)-世界の通貨ペアを知ろう!~ FXで使える!通貨ペアNET

  1. FXで使える!通貨ペアNET トップ
  2. 世界の通貨
  3. カナダドル

世界の通貨 カナダドル

カナダドル【CAD】~安定した経済と「資源国通貨」が魅力~

資源が豊富な「資源国通貨」。でも金利は低め
カナダはオーストラリアと同じ「資源国」の代表。 ウラン、金、原油、の産出国。そのため通貨は原油価格や金価格の動向に左右されやすいのが特徴です。 ただし金利水準は低め。スワップ目的で買うことにはむいていません。
アメリカの経済動向に左右されやすい通貨
輸出が盛んなカナダでは、その8割がアメリカを貿易相手国としています。 1992年の貿易協定でアメリカとの経済的な結びつきが強化された頃から、カナダドル/円相場がアメリカの経済状況や米ドル/円相場に強く影響されるようになりました。つまり、アメリカの景気が悪化し米ドル/円が下がった時はカナダドル/円相場も下落し、米ドル/円相場が上昇した時はカナダドル/円相場も上昇するという過去があります。
「資源国通貨」の強み!石油埋蔵量2位の実力
しかし、2005年以降から米ドル/円が下落する一方、カナダドル/円が上昇するというケースも目立つようになります。理由は「原油価格の高騰」と「貴金属相場の高騰」。アメリカ経済の影響を受けながらも「資源国通貨」の強みとして、 貿易品の値が上がりによって、それが為替相場にも反映されているのです。 石油埋蔵量はサウジに次いで2位。それによりカナダドルは今も上昇をしています。
中東に変わる原油輸入国の候補!今後注目度も高いカナダ
石油埋蔵量世界第2位であるカナダ。中東での情勢不安が起こった時でも他国から安定的に原油輸入を増やそうと考えている国がたくさんあります。 カナダがその候補となる可能性を握っているという事は、通貨にとってもプラス材料と言えるでしょう。さらに、経済も引き続き安定している事もカナダドルの買いの要因となっており、2007年11月にはカナダドル/円相場がじつに17年ぶりの水準で125円台乗せとなりました。

通貨:CAD(カナダドル)
金利:4.25%

カナダはこんな国
(2008年外務省データ)

  • 人口 3161万人
  • 首相 スティーブン・ハーパー(保守党)
主要産業
金融、保険、不動産業、製造業、商業
貿易額
【輸出】4557億ドル
【輸入】4044億ドル
主要貿易品目
【輸出】工業製品、エネルギー製品、機械機器、自動車・関連製品
【輸入】機械機器、工業製品、自動車、関連製品、その他消費財
主要貿易相手国・地域
【輸出】米国、英国、中国、日本
【輸入】米国、中国、メキシコ、日本
PICK UP
GFT

幅広い選択肢が魅力★
業界最多の25通貨128通貨ペアで取引可能!