~リスク回避するなら通貨ペアを利用する! ~ FXで使える!通貨ペアNET

  1. FXで使える!通貨ペアNET トップ
  2. 通貨ペアでリスク回避

通貨ペアでリスクを回避

自己資金が少ない場合は一つのペアに絞って取引を行いますが、50万円以上ある場合は「分散投資」でリスクを回避するのがお勧めです。
投資をする上で「同じかごに卵を盛るな」という言葉があるように、一つの通貨ペアに全額投資するよりも違う値動きをするいくつかの通貨ペアに分散して投資をする事で、一方が下がった時にもう一方の通貨ペアが上がりリスクを減らす事が可能になります。

逆相関ペアを見つける!

通貨の値動きが異なるペアを「逆相関」と呼びます。この「逆相関」の通貨を組み合わせる事により一方の値が下がった場合もう一方の値が上がり相殺させて二つの国の「スワップポイント」を稼ぐ事ができます。

「順相関」 と 「逆相関」て?

値動きの相関係を表します。
「順相関」は「値動きが似る傾向のある関係」。つまり片方が上がる時はもう片方も上がるという様な似た値動きをする通貨です。
反対に「逆相関」は「逆の値動きをする傾向のある関係」。片方が下がる時は片方が上がるという様に反対の値動きをする通貨です。

ちなみによく知られている順相関・逆相関の通貨で言うと、
■順相関ペア:【豪ドル/円対NZドル/円】【米ドル/円対カナダドル】etc...
■逆相関ペア:【米ドル/円対ユーロ/円】【米ドル/円対南アフリカランド/円】【ユーロ/円対NZドル/円】etc...

があげられるます。

同じ大陸の通過は相関が高い!

主に同じ大陸の通貨同士は関係性も深いので同じ値動きをする傾向が高いと言われています。

「逆相関」通貨ペアでスワップポイントを狙う

「スワップ狙いで投資したものの、為替損益で結局チャラになってしまう」というのはよくある話です。
しかし、上の逆相関を利用する事により、分散投資でリスクを減らし、尚且つ2カ国分のスワップポイントを受け取る事が可能となります。